PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】オリックス泥沼8連敗 自力V消える

【日本ハムーオリックス】6回、投手交代を告げるオリックスの福良淳一監督=札幌市豊平区の札幌ドーム
Messenger

 オリックスは今季初の8連敗で自力優勝の可能性が消えた。打線は今季初登板だった2年目の堀を攻め切れず、六回途中まで2安打に抑え込まれた。福良監督は「初めての対戦というのもあったのか。攻略できそうな感じもあったんですが」と言葉を濁した。

 8連敗中の得点の平均は2・5点。走者が塁に出てもつながらず、競った試合が続くことで救援陣に負担が掛かり、悪循環に陥っている。25、26日の西武戦で抑えの増井が連夜のサヨナラ負けを喫するなど前半戦は安定感があった救援陣に陰りがみえる。

 遠征に出た20日のロッテ戦から連敗が始まった。西武、日本ハムと敵地での試合が続き、黒星が止まらない。日本ハムにはこの3連戦前までは7勝7敗と互角に戦っていたが、悪い流れを変えることはできなかった。悪夢の旅に、福良監督は「何とかしないと」と繰り返した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ