PR

産経WEST 産経WEST

JR四国、29日始発から全列車運休

Messenger

 JR四国は28日、台風12号の接近に伴い、本州と結ぶ瀬戸大橋線を含む四国内の全ての列車を29日の始発から運休すると発表した。台風通過後、安全が確認された区間から順次運転を再開する。

 一方、松山と岡山をつなぐ「しおかぜ」、松山と高松をつなぐ「いしづち」などの一部の特急も29日、終日運休とする。西日本豪雨の影響で被災した予土線(宇和島-窪川間)などの代替バス輸送も29日は運行を見合わせる。

 JR西日本は関西の16路線で、28日の終電を最大約3時間繰り上げた。大阪と金沢をつなぐ「サンダーバード」や京都方面と関西空港をつなぐ「はるか」など、28日の上下計37本の特急も運休した。

 近鉄は28日夜から大阪難波―近鉄名古屋間などで特急の運転見合わせを決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ