PR

産経WEST 産経WEST

【高校野球】報徳学園8年ぶり甲子園へ 東兵庫 渡邊が6安打完封

【市尼崎ー報徳学園】優勝して喜ぶ報徳学園・小園海斗(中央)=ほっともっとフィールド神戸(甘利慈撮影)
Messenger

 第100回高校野球選手権記念東兵庫大会決勝が28日、ほっともっとフィールド神戸で行われ、報徳学園が市尼崎を2-0で下し、8年ぶり15度目となる夏の甲子園出場を決めた。

 0-0で迎えた五回、一死から安打と四球で満塁のチャンスを作ると、「3番・中堅」の長尾亮弥内野手(3年)の打球を一塁手が捕球できず失策となり、2点を先制した。投げては先発の渡邊友哉投手(3年)が9回を投げきり6安打完封。息詰まる熱戦をものにした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ