PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】反アマゾン的価値を! テーマパーク+商業モールで勝負

マイアミで建設が始まる全米最大のショッピングモール「アメリカンドリーム」の完成予想図。殆どテーマパークだ(米経済系ニュースサイト、ビジネスインサイダー5月25日付より)
Messenger

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となる米国の小売業に関するお話でございます。

 産経ニュースWEST昨2017年10月4日付の本コラム「新型iPhone次は『アップルストア廃止』『“街の広場”展開』 小売り業界に“打倒アマゾン”秘策が続々

https://www.sankei.com/west/news/171004/wst1710040001-n1.html

で、ご紹介したように、いま、米では、ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムに代表されるネット通販の台頭で旧来型の小売店が大変な苦境に陥(おちい)り、ショッピングモールの閉鎖が相次いでいます。

▼【エンタメよもやま話】新型iPhone次は…小売り業界に“打倒アマゾン”秘策が続々

 ところがそんななか“逆転の発想”で苦境に挑む超強力なショッピングモールが登場することが明らかになり、そのニュースが欧米で大きな注目を浴びています。

 というわけで、今回の本コラムは、そのニュースについてご説明いたします。

■「USJ」級の広さ…店内に「ホテル」どころか…

 5月17日付の米南東の端、フロリダ州の地元紙マイアミ・ヘラルド(電子版)や、これを受けた5月25日付の米経済系ニュースサイト、ビジネス・インサイダーなどが報じているのですが、リゾート地&保養地でも知られるマイアミの北西部デイド郡に、全米最大となる超巨大ショッピングモールが建設されることになったというのです。

 総工費40億ドル、日本円にして約4400億円。広さは約55ヘクタール(約600万平方フィート)。現在、全米最大のショッピングモールである北東部ペンシルベニア州モンゴメリー郡にある「キング・オブ・プルシア・モール」の約2倍という、とてつもないデカさです。

 数字だけを見るとわかりにくいのですが、大阪の巨大テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が54ヘクタールですから、何とほぼ同じ広さ!。ショッピングモールにしてはデカ過ぎます。

 そして、そのデカさを象徴するように、このモール、名前も「アメリカンドリーム」と壮大です。

 事業主体はカナダのデベロッパー(開発業者)「トリプル・ファイブ・グループ」で、この業者、カナダに接する中西部ミネソタ州ミネアポリスの「モール・オブ・アメリカ」を手がけているのですが、約3年越しの土地取得交渉などを経て、5月にデイド郡の当局から、この「アメリカンドリーム」の建設許可が下りたことが明らかになったのです。

店内に「ホテル」「ジェットコースター」…そして「湖」に潜って…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ