PR

産経WEST 産経WEST

【日本高校ダンス部選手権】地区大会8月1日開幕 同志社香里連覇へ闘志

 部長の川口紗依さん(17)=3年=は「今年は特に『難産』。構成についてもまだまだ検討する必要があり、今後修正していかなければならない」と打ち明ける。一方、顧問を務める東久保愛美教諭(37)は「妥協せず、今のメンバーでしか出せない作品づくりに取り組んでほしい」と話している。

 災害に加え、酷暑も例年にない状況だが、部員たちは水分や塩分を十分に補給し、夜更かしを控えるなど、健康管理を徹底。アップテンポな曲に合わせて踊る激しい練習を連日、繰り広げている。

 部長の川口さんは「メンバー全員の士気を高め、本番では納得のいくダンスを精いっぱいやりたい」と気を引き締めている。

 近畿・中国・四国地区大会は8月1~3日、神戸市中央区の神戸文化ホールで開かれ、6府県からビッグクラスに73チーム、スモールクラス(2~12人)に78チームが出場する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ