PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】市街地至近のダム、新たな観光名所となるか 京都・宇治「天ケ瀬ダム」

Messenger

 ダムといえば山の中-。そんなイメージとは逆に、市街地に近く、歩いて行けるのが「天ケ瀬(あまがせ)ダム」(京都府宇治市)だ。このダムを新たな観光資源にしようと、地元の一般社団法人が定期ツアー化を模索している。全国の一部のダムは豪快な放流で観光客の人気を集めるが、大阪や東京など都心からが遠く、一日がかりの小旅行となる。しかし、天ケ瀬ダムは同じ宇治市の世界遺産・平等院や京都観光とのリンクも可能な都会派。法人は京都市内を訪れる年間5千万人超の観光客とのコラボで新境地を開けるか。(勝田康三)

最寄り駅から約3キロ

 天ケ瀬ダムは宇治川の上流に位置し、高さ73メートル、長さ254メートルのドーム形アーチ式コンクリートダムで昭和39年に完成した。放流された宇治川の水は、木津川、桂川と合流して淀川に流れ込む。

天ヶ瀬ダムの放水の様子。地元自治体などが見学ツアー化を目指している=京都府宇治市(お茶の京都DMO提供)
天ヶ瀬ダムの放水の様子。地元自治体などが見学ツアー化を目指している=京都府宇治市(お茶の京都DMO提供)

 淀川ダム統合管理事務所によると、7月上旬の豪雨で琵琶湖の水位が上昇。瀬田川洗堰(大津市)の全開放流に伴い、その下流に位置する天ケ瀬ダムも放流を続けた。8日にはダムから約3キロ下流の観測点で氾濫(はんらん)注意水位の3メートルに近づく2・97メートルまで上昇。しかし19日に瀬田川洗堰のゲートが下ろされたことで、水量が毎秒約700トンから約150トンにまで減り、宇治川の水位も一気に下がった。

 これらの影響で、夏の風物詩となっている「宇治川の鵜飼(うかい)」は開幕翌日の今月2日から20日まで営業を休止、中州の府立宇治公園も19日まで立ち入り禁止となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ