PR

産経WEST 産経WEST

【世界の働く女性たち】fromノルウェー 夏休みはリゾート地か別荘で

小さな港の向こう側に見えるヒュッテ
Messenger

 7月は全ノルウェーが夏休みです。本当に全国的に夏休みなので、仕事のメールが返ってこないことは当たり前。5週間ある有給休暇のうち3~4週間分をばーんと夏休みに使います。

 ノルウェー人の夏休みの過ごし方は、sydentur(シーデントゥール)かhyttetur(ヒュッテトゥール)がポピュラーで、あとはセーリングや自宅と別荘のリノベーションなど。基本的に夏でも寒い北国な上、日焼けした肌が夏のステータスなので、「夏を満喫した感」を求めスペインやギリシャのリゾート地(syden)へ向かいます。小さい子供のいる家庭には、ホテルもプールも食事も付いたオールインクルーシブというタイプのパッケージツアーが人気です。

 hyttetur派は「非日常」を求め、あえて電気や水道のない、携帯電話の通じないような別荘(hytte)で夏休みを過ごします。別荘に母屋とは離れた小さな小屋があったら、それはくみ取り式のトイレです。最近では自宅かそれ以上にモダンでこぎれいな別荘を持つ人たちも少なくありませんが、伝統的なhytteは愛され続ける存在なのです。

 全ノルウェーが夏休みといってもさすがに誰か職場にいないといけないので、私は仕事しています。

 稲見麻琴さん(38) 東京出身、2006年からノルウェー在住。博士(生物学)、水産用医薬品の研究員。ノルウェー人パートナー、猫3匹とともに田舎暮らし。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ