PR

産経WEST 産経WEST

【毒物カレー事件20年】「毒入れていない」と林死刑囚、今なお無実主張

林真須美死刑囚
Messenger

 25日で発生から20年が経過した和歌山の毒物カレー事件。殺人などの罪で死刑が確定した林真須美(ますみ)死刑囚(57)の長男(30)によると、林死刑囚は現在も「カレーに毒は入れていない」などと無実を訴えているという。

 長男は6月下旬、収容先の大阪拘置所(大阪市都島区)で約30分間にわたって林死刑囚と面会。その後取材に応じた。

 長男によると、林死刑囚は、事件への関与を問われると「やっていない。やる意味がない」と否定。一方、多額の保険金詐欺については、「(長男ら4人の)子供を育てるためにお金を稼がなければいけなかった」と釈明した。

 カレー事件の遺族や被害者に対しては「同情しており、気持ちは十分理解しているつもり」としながらも、「真実を見てほしい」と語った。

 死刑確定後は収容先の部屋から拘置所の係員に呼び出されるたびに死刑が執行される恐怖を感じているといい、「部屋から外に出されるときは震えるほど怖い」と話していたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ