PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】被害復旧に161億円…岐阜県見通し

Messenger

 岐阜県は24日、西日本豪雨で被災した県内のインフラの復旧などに約161億円かかるとの見通しを明らかにした。平成30年度予算の予備費2億3100万円を充てるほか、補正予算に費用を計上する。

 県によると内訳は、河川堤防や道路に約115億円、崩れた斜面の復旧など山間部整備に約30億円、農業関連が約13億円。予備費では、被災した住宅の再建支援や観光地の風評被害対策を行う。

 同県内では川が氾濫した関市で、一部住民への市の避難指示が遅れたと指摘されている。古田肇知事は同日の記者会見で「思いがけない急激な水位の上昇があった。脆弱な点について検証しなければならない」と述べ、今月中に副知事をトップとする委員会を立ち上げ、対応が適切だったか調べる方針を示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ