PR

産経WEST 産経WEST

「薬物混入」のカヌー、鈴木選手を書類送検へ…週内にも 石川

鈴木康大選手
Messenger

 カヌー・スプリントの小松正治選手(26)=愛媛県協会=が飲み物に禁止薬物を混入された問題で、石川県警が週内にも、偽計業務妨害容疑で鈴木康大選手(32)=日本カヌー連盟が除名=を書類送検する方針を固めたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。起訴を求める意見を付けるとみられる。

 捜査関係者によると、鈴木選手は昨年9月、石川県小松市で開かれたスプリント日本選手権で、小松選手の飲み物に筋肉増強剤メタンジエノンを混入したほか、パドルなどの器具を隠し、小松選手の選手活動を妨害した疑いが持たれている。

 小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的に資格停止処分を受けた。今年1月に問題が発覚し、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科した。

 日本カヌー連盟は県警の捜査の終了を待って処分を決定するとしていたが6月、鈴木選手を除名処分とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ