PR

産経WEST 産経WEST

山陽新幹線で異常音…姫路駅で臨時停車し点検

Messenger

 JR西日本は24日、山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号の車掌が、新尾道-福山間を走行中に異常音を確認したと明らかにした。姫路駅で臨時停車して点検したが、異常は見つからなかった。

 JR西によると、午後3時23分ごろ、車掌が「ゴー」という異常音を聞き、約7分後に運転指令へ報告。岡山駅で車両保守担当社員2人を乗せた上で、午後4時4分ごろ、臨時停車した姫路駅で点検した。

 運転再開は午後4時15分で、一部の列車に遅れが生じ、約3800人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ