PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】ゾゾタウンの新規球団参入宣言に球界ゾゾッ…16球団制どうなる?

Messenger
「ZOZOTOWN」の前澤友作社長
「ZOZOTOWN」の前澤友作社長

 突然の嵐のように球界を駆けめぐった新規球団参入の話題。衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(42)が自身のツイッターに「プロ野球球団を持ちたいです」と書き込み、球団所有に意欲を示したことで大騒ぎになった。

 千葉県出身の同社長は地元貢献への気持ちが強く、すでにロッテの本拠地球場の命名権を2016年から10年間取得。投資した金額は30億円以上といわれ、今回の意思表示はさらにプロ野球界に踏み込んでいく希望を表明したものだ。

 日本野球機構(NPB)の首脳によると、今回の前沢社長の意思表示の裏には驚くべき流れがある。同社長は極めて近い過去にロッテ側に約200億円で球団買収のオファーを出したという。さらにZOZOマリンスタジアムを所有する千葉市にも話を持ちかけたものの、ロッテ側が身売りを拒否したことで破談したというのだ。

 そういえばロッテ・山室晋也球団社長は「基本的にロッテ(の買収)ではないと思います」と話しながらも、売却の打診については「私の立場では分からない」と言葉を濁していた。プロ野球球団を経営することで本社のイメージや知名度がアップする上に、ここ数年で球団赤字幅が減少していることが、ロッテ側の“回答”になったと球界関係者は見ている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ