PR

産経WEST 産経WEST

【虎のソナタ】さぁ虎よ♪上を向いて歩こう…気合注入!〝名物〟金本ノックの効果出た?

前日に続き、試合前練習でノックを打つ金本監督。選手に自ら気合注入
Messenger

 試合前にDeNAのラミレス監督はファンに囲まれて写真に収まったり、セッセとコミュニケーションをとっていたと編集委員上田雅昭は伝えてきた。

 それは大変素晴らしいことだ。同時にどこかに“今日は今永だからいただきだ…”という自信みたいなものがあったのかも。コントロールはいいし、それに速球はキレる。そう簡単にはいかない相手だ。

 トラ番キャップ阿部祐亮も「ま、今日の先発は今永ですからねぇ…」とちょっと含みのある表現をしていた。これはてっきり阿部記者独特のシニカル(皮肉)な“逆説”なのか…と思っていたら三回が終わって記者席から電話をくれて、「いやあ、僕の読み違いでしたヮ。今日は苦戦するぞ…とみてましたが、暑さでボケてました。アハハ…」だと。

 阪神は二回はナバーロが来日1号、三回はロサリオが2ラン。これでもう5点で、今永は3回で84球。虎のマウンドはメッセンジャーだ。すでに“へたくそなミステリー”みたいに「結末」は見えているのに、なぜかDeNAはその戦意喪失の今永を三回裏の打席に立たせて…あっさり三振。そして次の回に投手を須田に交代させるチグハグ。それじゃあ何のために漫然と今永を打席に出したのか? こっちのさい配がよほどミステリーだ。

 さて阪神金本監督の試合前の表情は? といったら編集委員上田雅昭は「いゃあ、それが練習中も元気いっぱいでなぁ、次々と若手に三塁付近にノックの雨や…この暑さのなかで。つまり気合をいれて“辛口”にひきしめている感じですヮ」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ