PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】奈良のとんかつ「無料食堂」が大反響、「お代は出世払いで」店長の心意気

Messenger

 店のノートには、豪雪に見舞われた当時の写真に添え、「温かい言葉をありがとう」「涙が出るほどうれしかった」といった感謝の言葉がつづられている。

「100人中、99人にだまされても…」

 「目の前で困っている人を放っておけない。食だけでもサポートしたい」。無料食堂はそんな思いで5月4日から始めた。ツイッターで告知すると2万件以上の「いいね」と応援メッセージが寄せられた。

 店頭の張り紙にはこんな文句も。「お店で食べるのが気まずければお弁当の持ち帰りでも大丈夫です。お代は出世払いでもいいですし、忘れてもらってもいいです」

 これまでに家族連れや1人客ら10数組が利用。多くはロースかつ弁当(通常は税込み1180円)を持ち帰っていくという。30代くらいの男性は「家族のために」とロースかつ弁当を6つも持ち帰り、後日「子供たちも喜んでいた。お金が入ったらまた食べに行きます」と感謝の電話をかけてきた。

 また「ごはんを3、4日食べておらず、店まで行くこともできない」という高齢の男性にはとんかつやご飯、ヒレカツ、ミンチカツなどを宅配便で送り届けた。男性からは「無事に届いた。本当にありがとう助かりました」とお礼の言葉があったという。

 ただ中には「ただで食えるんやろ?」と、食べものに困っているようでもないのに、悪びれる様子もなく無料で食べて帰った者もいた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ