PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「暗黒時代より打てない」現状…膿出す覚悟はあるか

【プロ野球阪神対巨人】選手交代を告げる阪神・金本知憲監督=7月17日、甲子園球場(撮影・森本幸一)
Messenger

 鉄人は浅村(西武)、丸(広島)らのFA補強を熱望!! 阪神は後半戦最初の巨人3連戦(甲子園球場)で3連敗。借金6(35勝41敗1分)で首位・広島と9ゲーム差の4位(19日現在)。リーグ制覇の夢が萎(しぼ)み、CS圏が目標になってきました。打撃不振が元凶ですが、15日の坂井信也オーナー(70)と金本知憲監督(50)の会談では指揮官からオフの積極補強を熱望する胸中が示されたもようです。若手育成だけでは限界…。この声を阪神電鉄本社首脳はどう受け止め、実行に移すのでしょう。大型投資の決済の前には現状の監査と粛正人事が待っているかもしれません。

 まさに最悪の後半戦スタートでしたね。本拠地・甲子園球場での宿敵、巨人との3連戦。初戦をメッセンジャーで落とすとズルズルと3連敗。これで借金は6、首位・広島とは9ゲーム差(19日現在)。残り66試合もあるとはいえ、現状のチーム状況を見れば13年ぶりのリーグ制覇の夢は萎んでしまった…と言っても言い過ぎではないでしょう。現実的にはCS圏の3位をどう確保するかがポイントになってきました。

 DeNA戦(横浜)への移動日となった19日には金本監督もボヤキが止まらず、苦しい胸中をはき出していました。

 「しかし、近年で一番打ってないで…。20年、30年くらい。暗黒時代より打ってなくない? 暗黒時代といっても矢野(現二軍監督)が捕手で3割を打ったりしていたしな。桧山がギリギリ3割を打ったりとか、新庄も…。その時より悪いんじゃあないかな。ちょっと(チーム打率を)見てみ」

 77試合消化時点でチーム打率・242、本塁打42本、得点288は全てリーグ最下位。チーム防御率3・73は依然としてリーグトップの数字ですから、いかに打てないことが元凶か、データがしっかりと刻んでいますね。そして、金本監督は囲んだ報道陣を見回して「どうやったら打てる? 教えてくれ…(苦笑い)。まだ(シーズンは)半分ちょっとだけどな」とも…。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ