PR

産経WEST 産経WEST

【芸能プレミアム】心に語りかけるような歌を 歌手、純名里沙

Messenger

 抜群の歌唱力は、宝塚歌劇団時代から定評がある。娘役として活躍していた最中に、NHK連続テレビ小説「ぴあの」のヒロインに選ばれるという異例の抜擢(ばってき)。その朝ドラで主題歌を歌い、澄んだ美しい歌声に日本中がとりこになった。

 宝塚退団後は女優、歌手として活動するが近年は、音楽活動が中心。3月には新作アルバム「う・た・が・た・り」をリリース、8月8日には大阪・梅田のビルボードライブ大阪でアコースティック・ライブを行う。

 「う・た・が・た・り」は「全曲日本語でいこう」とプロデューサーと決めて挑んだ。「英語のほうが韻を踏んでいてリズムに合わせやすい。でも、歌い込むにつれ、日本語としての表現の面白さ、広がりを持てました」と自信を持つ。「純名里沙の声の魅力」にこだわった作品とあって、透明感のある歌声が心にしみいる。

 初めて、作詞作曲にも挑戦した。「子どものように」は、「メロディーが(天から)降りてきた」と話す。歌詞は、「子供の頃のように何も考えずに眠れるといいねという気持ちで書きました。裏タイトルは『眠れぬ大人たちへの子守歌』なんです」とほほえむ。5曲のオリジナルのほか、「奥様お手をどうぞ」や「知りたくないの」など名曲のカバーを含め、全12曲が収録されている。

 活動の中心に音楽を据えるようになったきっかけは、平成23年3月の東日本大震災だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ