PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】ゴジラ関西へ上陸!(中) 最強の敵、ビオランテに込めた秘策

Messenger

 「植物は動かないというイメージを持っているだけに、見る者はよけい新鮮に驚くでしょう。それも、圧倒的な大きさのビオランテが、ゴジラを襲ってくるんですからね…」

 川北さんは「ゴジラvsビオランテ」以降、「ゴジラvsキングギドラ」「ゴジラvsモスラ」などゴジラシリーズ計6作で特技監督を務めていく。

■“着ぐるみDNA”継承

 撮影当時、芸大生らとともに特撮の新作映画を撮っていた川北特技監督は「ハリウッド版? 日本のゴジラをリスペクトして撮っていることが分かるし、CG技術のクオリティは高い。でも、少し悔しいね」と心情を吐露した。

 川北特技監督は、CGではなく、生き物の動きをよりリアルに再現する日本特撮伝統の着ぐるみやミニチュアにこだわっていた。

 同展の会期中には、川北特技監督がゴジラなどで培った日本特撮の秘伝の“技”を継承しようと、芸大生とともに製作した特撮映像「装甲巨人 ガンボット」で使用された大型ロボットの着ぐるみなども展示される予定だ。   =つづく

   ◇    ◇

 期間中の主なイベントは次の通り。

 ■大森一樹監督トークショー「1990年代のゴジラ」

 8月12日(日)午後1時30分~午後3時。定員80人(事前申込制、申込者多数の場合は抽選)。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ