PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】長引く避難所生活 …プライベート空間少なく悩む女性 少しずつ改善も疲労ピーク

Messenger

 「減災と男女共同参画研修推進センター」の浅野幸子共同代表は「避難所での集団生活や外灯がつかなくなるなど、被災時は女性や子供が犯罪に遭うリスクが高まる」と指摘。防犯ブザーの配布や、警察の巡回を増やすなどの対策を取った上で「女性が言いにくい悩みを相談したり、安全にくつろいだりできる女性専用スペースを避難所に作ることが必要だ」と話している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ