PR

産経WEST 産経WEST

【この本おもろっ】「仏教は悩み多き人を救う」清風校長が密教経典を紹介、ダライ・ラマ14世との交流も

「秘密集会タントラ概論」を出版した清風中学・高校の平岡宏一校長=大阪市天王寺区
Messenger

 仏教の流れの一つで、チベット密教の中でも最上位の一つとされる「秘密集会(しゅうえ)タントラ」の経典を詳しく解説した『秘密集会タントラ概論』(法蔵館)を清風中学・高校の校長、平岡宏一さんが出版した。同経典の内容を詳述した本は国内では珍しいという。平岡さんは「現代人にとって、仏教は混迷する社会を生きる上での処方箋になり得る」と話す。

  ■即身成仏目指す

 「般若経」や「法華経」などはオープンな場で多くの人々を対象に説かれたとされるが、特定の人々を対象に説かれたのが密教経典だという。

 現世で悟りを開き、仏になる「即身成仏」を目指すチベット密教において、秘密集会タントラはその修行の根幹となる経典。誤読を招かないよう、師のもとで学び、複数の経典を組み合わせて読解する必要があるという。その内容について、日本語で詳述された本は少ないといい、今回、注釈を加え、分かりやすくするよう心掛けた。平岡さんは「どうすれば即身成仏できるのか。この経典では、どう修行を進めればよいのか示されている」という。

 ■インドで師から学ぶ

 平岡さんは、高野山大学大学院生だった1988年から約2年間、南インドのギュメ密教学問寺に留学。秘密集会タントラのスペシャリストとして名高く、後に学問寺の管長を務めたロサン・ガンワン師から学んだ。師の講義は、休憩を挟むことなく長時間行われることもある過密さで、平岡さんは「片耳が突発性難聴になるほど追い込まれた」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ