PR

産経WEST 産経WEST

ふくおかFGと十八銀、九州2行に統合対応加速促す 公取委員長

Messenger

 公正取引委員会の杉本和行委員長は18日、東京都内で開いた記者会見で、九州のふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)と長崎県地盤の十八銀行(長崎市)の経営統合計画について「(すでに)あるデータで判断できる」と述べ、両行に対応を加速するよう促した。

 両行の統合を巡っては、長崎県での貸出金のシェアが7割を超えることを公取委が問題視しており、両行が他の金融機関への債権譲渡など対応策を検討している。杉本氏は「報告が出るのを待っている」と述べた。

 また経営統合を認めるべきだとする金融庁の有識者会議の報告書に関しては「納得できない」と言及。「競争を阻害する合併なのかどうか、金融庁の見解が全くない」と反論した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ