PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】キュウリ1・5倍、青ネギ1・4倍 猛暑追い打ち高騰懸念…農林水産の被害544億円 

名産の種なしブドウ「ピオーネ」を育てる武本哲雄さんの畑は葉や実まで全て浸水。出荷直前だったブドウは全て廃棄された(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 西日本豪雨では、農作物の産地が農地の冠水や土砂流入などで大きな打撃を受けた。西日本でとれた青果物の消費が多い関西では、猛暑の影響も相まって一部の野菜の卸売価格が昨年より4~5割程度高騰するなど影響が出始めている。岡山のモモやブドウ、愛媛のミカンなどの果物類も甚大な被害を受けており、供給量の減少が懸念される。

「影響は8月上旬まで続きそう」

 「露地もの野菜の流通で特に影響が大きい。不足分は関西以東の産地で補っており、影響は8月上旬ごろまで続きそうだ」

 大阪市中央卸売市場(同市)の卸売業者「大阪中央青果」によると、今月1~14日の野菜の卸売価格は、昨年と比べ、キュウリ1・5倍▽ピーマン1・4倍▽青ネギ1・4倍-など高騰。四国や九州の産地の被災に、猛暑が追い打ちを掛けたという。

キュウリ、トマト、ピーマンの畑冠水 ミカンは長期的な影響か

 関西周辺に夏野菜を出荷している愛媛県では、河川氾濫や土砂災害により県南部を中心に農業被害が広がる。大洲(おおず)市や西予(せいよ)市ではキュウリやトマト、ピーマンなどの畑が冠水した。

 全国有数の温州(うんしゅう)ミカンの産地である同県宇和島市吉田町の被害も深刻だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ