産経WEST

預かり金返さず、弁護士を業務停止1カ月 京都弁護士会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


預かり金返さず、弁護士を業務停止1カ月 京都弁護士会

 京都弁護士会は18日、依頼者からの預かり金の一部を返済しなかったとして、島崎哲朗弁護士(64)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は11日付。

 弁護士会によると、島崎弁護士は平成26年12月、依頼者の60代男性の離婚事件で、報酬金などの名目で100万円を預かった。その後、報酬や実費を差し引いた約53万円のうち、15万円を返したのみで残りの返済に応じなかった。「別件の依頼者と金銭トラブルになり、お金がなかった」と話しているという。

 島崎弁護士には他にも3件の懲戒請求が出されており、弁護士会が調査を進めている。

「産経WEST」のランキング