PR

産経WEST 産経WEST

【大阪北部地震】塀倒壊の予見可能性は 行政側の刑事責任捜査

倒壊したブロック塀は撤去され白いフェンスに囲まれた高槻市立寿栄小学校のプール=17日午後、大阪府高槻市(柿平博文撮影)
Messenger

 大阪北部地震で大阪府高槻市立寿栄(じゅえい)小のブロック塀が倒れ、4年の三宅璃奈(りな)さん(9)が下敷きになって死亡した事故では、大阪府警捜査1課が業務上過失致死容疑で捜査している。立件のポイントは、地震によって塀が倒壊するかもしれないことを、行政側がどこまで予見できていたかどうかだ。

 「災害時に通学路としての安全が保たれるのか。このままでは厳しいものがある」

 今回の地震に先立つ平成27年11月、寿栄小を訪れた防災アドバイザーは、プールのブロック塀を一目見て圧迫感を覚えた。このため学校側に注意喚起し、後に対策の必要性についてメールも送った。

 倒壊したブロック塀は、約1・9メートルの基礎部分の上にブロックを8段積み上げた構造で、全体の高さは約3・5メートルに上っていた。建築基準法施行令の高さ制限(2・2メートル以下)を超過し、補強用の「控え壁」も未設置だった。

 基礎部分とブロックをつなぐ鉄筋はあったものの、本来は塀の最上部まで届いていなければならないのに、塀側に20センチ、基礎側に13センチしか入っておらず、現地を調査した専門家は「脆弱(ぜいじゃく)で、非常に倒れやすい構造」と指摘した。

 大地震が来ること、ブロック塀が倒壊する危険があったことについて、学校側にどこまで予見可能性があったのか。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ