PR

産経WEST 産経WEST

校外学習の小1男児が熱射病で死亡 高温注意情報発令中

Messenger

 愛知県豊田市教育委員会は17日、市立梅坪小(同市梅坪町)の教室で、校外学習から戻った1年生の男児(6)が意識不明の状態となり、搬送先の病院で死亡したと明らかにした。医師は、熱中症の中でも最も症状が重い熱射病と診断したとしている。

 市教委によると、男児を含む1年生4クラス約110人が、同日午前9時50分から11時半ごろまで外出し、約1キロ離れた公園で虫取りや遊具遊びをしていた。男児は公園に歩いて行き来する際、列から遅れ担任に「疲れた」と訴えたが、公園ではほかの児童と遊んでいたという。

 学校に戻って教室に入った後、担任が男児の唇の色が青くなっているのを確認。教室内の風通しが良い場所で床に座らせたが、午前11時50分ごろに意識不明となり、午後に死亡が確認された。

 同小の籔下隆校長は「児童の命が犠牲になり、大変申し訳ない。担任がこまめに水分補給させるなどの配慮をしており、安全だと判断した。認識が甘かった」と謝罪した。

 名古屋地方気象台によると、同日午前11時の豊田市の気温は33・4度。熱中症予防を呼び掛ける高温注意情報が出ていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ