PR

産経WEST 産経WEST

【高校野球】広島大会が開幕 豪雨被災で10日遅れる 選手宣誓で「野球ができることに感謝」

全国高校野球選手権大会の広島大会開会式で、選手宣誓する安芸南の田代統惟主将=17日午前、広島県三次市
Messenger

 西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県で17日、第100回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた広島大会が開幕し、三次市のみよし運動公園野球場で開会式が行われた。犠牲者に黙とうがささげられ、安芸南の田代統惟主将(3年)が「大会が開催されること、野球ができることに感謝します。感謝を胸に、がむしゃらにプレーすることを誓います」と宣誓した。

 道路の寸断などの影響が大きく、当初の予定から10日ずれ込み、全国で最も遅いスタートとなった。

 開会式は広島市のマツダスタジアムで開催され、ベンチ外を含めた3年生全員が入場行進に参加する予定だったが、会場は変更。選手の入場行進をせず、直後に試合を行う2チームの選手が整列した。優勝旗返還と選手宣誓のみを実施した。

 決勝は28日に尾道市のびんご運動公園野球場で行われる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ