PR

産経WEST 産経WEST

【杉田水脈氏講演】慰安婦・徴用工・琉球独立…日本の科研費で行われる反日的研究

Messenger

 徴用工問題以外にも、「慰安婦は性奴隷」という主張や不可解なフェミニズム、琉球独立運動などについての研究などにも科研費が使われている。どんな基準で支給しているのかを文部科学省に尋ねても、「関知していない」との返答。こういう指摘をすると、「学問の自由に対する政治家の介入だ」と批判を受けるのだが、科研費は国民の税金。どんな研究に注がれているか、是非を判断するのは納税者だ。税金はぜひ有効に使ってほしい。

 《科研費 文部科学省と同省所管の独立行政法人・日本学術振興会が交付する科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金、科学研究費補助金)。人文・社会・自然科学など全分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を発展させることを目的とする「競争的研究資金」で、審査を経て助成を行う。平成29年度分は、応募のあった約10万件のうち約2万5千件を採択、約2117億円を配分した》

憲法には興味がない?

 憲法改正について。今、自民党が出しているのは、9条に関していうと1項と2項を残したまま、第3項を設けて「自衛隊を明記する」という案。

 私たちは自衛隊の存在を当然だと考えるが、学者さんの8割は「違憲だ」と言う。そういう人たちが教科書を作るから、「自衛隊の存在は違憲とされている」というような記述になってしまう。だから、何とか自衛隊を憲法に明記し、現状を何とか変えたい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ