PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】「雑炊が気にくわん」謝る店主を殴り続ける 法廷で語られたちゃんこ店暴行死事件の凄惨さ

Messenger

「手加減した」

 「手加減して殴っており、小突いたという感じ。激高していたわけではない」。公判で浜野被告らは、激しい暴力は加えていないと主張した。

 だが、糸岡さんのあばら骨の骨折は十数カ所に及び、肺に刺さった骨が致命傷になった。糸岡さんが搬送される様子を見ていた近くの飲食店の男性は「誰か分からないくらい、顔が腫れ上がっていた」という。

 法廷で浜野被告は、かつて所属した暴力団で「絶縁処分」を受けたとされることを問われると、その口惜しさなどを熱心に語った。今回の犯行については、「尊い命を奪うことになり申し訳ない」と述べたものの、相手が謝罪しているのに暴行をエスカレートさせた詳しい理由などは語らなかった。

 「キレたら止められない性格。やっているうちに収まりがつかなくなったのでは」。ある捜査関係者はそう話す。

「これは殺人、主人は殺された」

 糸岡さんは地元、草津市で祭りやレンコン栽培を復活させるなど地域活性化のリーダー役としても活動し、知人からは親しみを込めて「シンベ」と呼ばれていた。中学、高校の元同級生の男性(60)は「親分肌のいい人だった。何の落ち度もないのに、悔しくて悲しい」と憤った。

 「ごく平凡な暮らしが180度変わってしまった」「かばってあげられず胸が張り裂けそう」。公判で糸岡さんの妻は悔しさをにじませた。

 事件当夜は連絡を受け店に駆けつけた。糸岡さんを乗せた担架が動いたとき、前で組んでいた両手がだらりと落ちたという。妻は慌てて組み直したが、再び落ちた。「腫れ上がった顔についていた血の滴が、無念さのあまり流した涙に見えた」といい、「110番したらどんな仕返しをされるか」と通報をためらったことを悔やんだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ