産経WEST

【虎のソナタ】熱いモノこみあげる松阪の30球 球宴になると思い出す〝ソノ時〟

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
熱いモノこみあげる松阪の30球 球宴になると思い出す〝ソノ時〟

全セの記念撮影で並ぶ広島・緒方監督と金本監督(前列右から) 全セの記念撮影で並ぶ広島・緒方監督と金本監督(前列右から)

球宴となると必ず思い出すソノ時がある。不世出の資質を持つ大投手が選んだ「1球」…という含蓄(ふくみ)のあるテーマだ。同時にそれはいずれもその瞬間の「男の選択」を取材するチャンスに恵まれた。

 それは「ど真ん中のストレート」でありもう、1球は「ワンバウンドしそうなカーブ」。

 まず「ど真ん中の速球」を選択したのは江夏豊。1971年7月17日西宮球場での球宴第1戦に先発した彼は、超ド級と言われた全パ打線をほとんど速球のみでバッタバッタと三振にとり(実はなんと江夏は筆者に、ファン投票1位で選出された7月9日の時点で9者連続三振をマジで予告していた)。その年はそれまで6勝9敗。ライバルの巨人堀内は10勝3敗で快調だったから選ばれるハズはない。しかも…心臓病で常に球団トレーナーが登板時には1回ごとに脈を計測し、たまにストップをかけたほどの状態。

 

続きを読む

「産経WEST」のランキング