PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】ゴジラ関西へ上陸!(上)平成ゴジラ誕生の舞台裏、監督が明かす秘話

より精悍な顔つきで動きも素早くなったという平成ゴジラの誕生の経緯などを語る大森一樹監督
Messenger

 ゴジラにモスラ、キングギドラ…。世界に誇る日本の特撮(特殊技術撮影)映画などの舞台裏を紹介する「特撮のDNA 平成に受け継がれた特撮“匠の夢”」が14日から、兵庫県明石市の市立文化博物館で始まった。9月2日まで。同展は福島、佐賀県を巡回し、関西では初めて。明石会場では“平成ゴジラ”シリーズの特技監督として活躍した故川北紘一さんの特別コーナーが初めて設けられるほか、川北さんとタッグを組み「ゴジラvsビオランテ」などを手掛けた大森一樹監督が講演、製作秘話などを語る。いま、大森監督らが明かす平成ゴジラ誕生の舞台裏とは…。   (戸津井康之)

■眼光鋭く俊敏に動く平成ゴジラ

 “特撮の神様”と呼ばれた円谷英二特技監督が手掛けた映画「ゴジラ」(昭和29年)から始まった昭和のゴジラシリーズ。

 その技を継承した川北特技監督が手掛けた「ゴジラvsビオランテ」(平成元年)から始まったのが、“平成ゴジラ”シリーズだ。

 「川北特技監督と話し合い、これまでのゴジラより、もっと生物に近づけることはできないか-とアプローチしたのが“平成ゴジラ”の造形だった」と大森監督は振り返る。

 過去に登場してきたゴジラに比べ、顔を小さくしたほか、眼光は鋭く、ギザギザの歯は鋭利に、より精悍(せいかん)な顔つきに生まれ変わり、動物のように俊敏に動けるように進化させたという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ