産経WEST

大阪ミナミ・道頓堀川で難波八阪神社の船渡御

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪ミナミ・道頓堀川で難波八阪神社の船渡御

提灯が両岸に飾られた道頓堀川を進む船渡御の船団=大阪市中央区 提灯が両岸に飾られた道頓堀川を進む船渡御の船団=大阪市中央区

 大阪・ミナミの道頓堀川で13日夜、難波八阪神社(大阪市浪速区)の神事「船渡御」が行われた。約600人が乗り込んだ22隻の船団が、ネオンや提灯(ちょうちん)の光が揺れる水面を行き交い、水都の夏を彩った。

 氏子地域の繁栄や無病息災を願う神事で、江戸中期に途絶えたが、平成13年に230年ぶりに復活。今年は、大阪北部地震と西日本豪雨の被災地復興の願いを込めた。

 船上では、氏子衆らが威勢良く太鼓を打ち鳴らしたり、バンドが軽快なジャズを演奏したりして、集まった見物客らを盛り上げていた。

「産経WEST」のランキング