産経WEST

廃棄物からダイナマイト…ボランティアが見つける 岐阜・関

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


廃棄物からダイナマイト…ボランティアが見つける 岐阜・関

 13日午後2時ごろ、岐阜県関市下之保の、西日本豪雨による川の氾濫で家屋などから流出した廃棄物を集めた市所有の空き地で、仕分け作業をしていたボランティアの男性会社員(40)=同県多治見市=が箱に入ったダイナマイト10本を見つけた。水分を多く含んでおり、爆発の恐れはなく、関署が保管、所有者を捜している。

 同署によると、ダイナマイトは縦16センチ、横35センチ、高さ20センチの木箱に入っており、雷管や導線もあった。津保川が8日未明に氾濫、廃棄物は同日から10日にかけ、持ち込まれていた。

 ダイナマイトは工事現場の発破作業などに用いられ、所有したり、廃棄したりする場合、県に届けなければならない。

「産経WEST」のランキング