産経WEST

【西日本豪雨】ボランティア活動前には情報収集…物資は持参「指示に従って活動を」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
ボランティア活動前には情報収集…物資は持参「指示に従って活動を」

 西日本豪雨の被災地では、自治体によってボランティアの受け入れ態勢が異なっている。全国社会福祉協議会(全社協)はHPで各地の災害ボランティアセンターの開設状況や社協HPのリンク先をまとめて公開している。ボランティア活動に参加するには被災地の社協のHPなどを確認し、受け入れ状況や留意事項などの情報収集が大切だ。

 現地への交通手段は、渋滞の発生や緊急車両、災害復旧作業の妨げにならないよう、できる限り公共交通機関などを利用する。NPO法人や社協がボランティアバスを運行している場合もある。食料や飲料水などの確保が難しい地域もあり、活動に必要な物資は事前に準備していくことが大切だ。

 被災地では、まず災害ボランティアセンターで手続きを行う。活動時の注意事項が伝達され、家屋に流れ込んだ土砂の撤去や家財の清掃など被災地のニーズに応じ作業が割り振られる。

 現地で活動する人たちのためのボランティア保険は、自宅の最寄りの社協などで加入できる。全社協は「出発前に入ることで現地への往復も保険の対象になる。被災地の作業負担を減らすためにも、事前の加入を」と呼びかけている。また「現地では必ずボランティアセンター関係者の指示に従って活動してほしい」としている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング