産経WEST

メモ隠蔽、報告書に載せず…神戸中3自殺、遺族反発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


メモ隠蔽、報告書に載せず…神戸中3自殺、遺族反発

 神戸市垂水区で平成28年10月に市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、市教育委員会が調査メモを隠蔽していた問題で、自殺原因を調べた第三者委員会は13日、昨年まとめた調査報告書の修正を見送り、隠蔽の経緯を記載しないと発表した。「メモの内容は生徒の友人らから聞き取った内容とおおむね同じだった」と判断した。

 遺族は弁護士を通じて「第三者委は、メモ隠蔽の過程を明らかにして市教委の不正をただすべきなのに、消極的対応に終始している」と反発するコメントを出した。

 昨年8月にまとまった報告書は生徒へのいじめを認定。その後、自殺直後に学校が友人に聞き取り調査したメモを市教委の首席指導主事らが隠蔽していたことが明らかになり、報告書の修正を検討していた。

 一方、神戸市は市教委の一連の対応が不適切だったと認め、新たな第三者組織を設置して16日から再調査することを決めている。これまでの第三者委は「部分修正を避け、今後の再調査を尊重する」としている。

「産経WEST」のランキング