産経WEST

【プロ野球】豪雨被災地へ届け、広島・鈴木が自身初の球宴弾 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
豪雨被災地へ届け、広島・鈴木が自身初の球宴弾 

本塁打を放つ広島・鈴木誠也 投手は西武・菊池雄星=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平) 本塁打を放つ広島・鈴木誠也 投手は西武・菊池雄星=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2018は13日、京セラドーム大阪で第1戦が行われ、全セの鈴木(広島)が0-5で迎えた二回に中堅奥に自身球宴初となるソロ本塁打を放った。

 「5番・右翼」で先発した鈴木。二回の第1打席はカウント2-0から菊池(西武)の真ん中直球を叩くと、打球は快音を残してバックスクリーン右に飛び込んだ。

 守備でも魅せた。一回1死一、三塁の場面で浅村の右飛を処理後、強肩を生かした矢のような本塁返球で走者を三塁にとどめさせ、球場をどよめかせた。

 球宴にはファン投票と選手投票での“ダブル選出”で、昨年に続き2度目の出場。「まさか自分がオールスターに何回も選ばれるようになるとは」と喜びを隠さなかった鈴木。「シーズン中はホームランをほとんど狙わないが、こういう時しか狙えない」と派手なアーチ量産を公言していたとおり、豪快な一発でファンを喜ばせた。

 試合前、西日本を襲った豪雨災害の犠牲者へ黙とうが捧げられた。鈴木が所属する広島は、本拠地の広島県内に犠牲者や不明者が多数出るなど大きな被害があったことから、前半戦最後の3試合を中止とした。8日の巨人戦を最後に実戦から遠ざかっていたが、影響を感じさせない力強いプレーを披露した。

 熊本で行われる第2戦の試合前には、本塁打競争の「ホームランダービー」にも出場する予定。アーチをかけて、被災した地元に明るいニュースを届けたい。

(上阪正人)

 

「産経WEST」のランキング