産経WEST

バイク用電池で実証研究…ステーションで充電済みに交換 ホンダとパナソニック

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


バイク用電池で実証研究…ステーションで充電済みに交換 ホンダとパナソニック

 ホンダとパナソニックは13日、電動バイクに着脱するバッテリーを幅広い利用者がシェアする実証研究を、12月にインドネシアで始めると発表した。両社はバッテリーや充電ステーションの共同開発を進めており、本格的な実用化に向けて電池の充電時間やバイクの走行距離といった課題を探る。

 数十カ所に設置する充電ステーションに計約千個のバッテリーを備え、バイクの電池が切れそうになると、利用者がステーションで充電済みのものに交換できる仕組み。バイク約300台はリースで貸し出す。

 インドネシアは交通量の増大に伴う都市部の大気汚染が深刻で、車やバイクの電動化を後押しする狙いもある。両社は実証研究の結果を他地域でのサービス拡大につなげたい考えだ。

「産経WEST」のランキング