産経WEST

71歳被告「今後二度と運転しない」…児童ら10人死傷事故で猶予判決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


71歳被告「今後二度と運転しない」…児童ら10人死傷事故で猶予判決

 岡山県赤磐市で1月、下校中の小学生ら10人が死傷した車の多重事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた無職、重森智子被告(71)に岡山地裁は13日、禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。

 御山真理子裁判長は判決理由で「10人が死傷した大事故で、亡くなった小学生は突如その生涯を閉ざされ、けがを負った被害者は身体や精神に計り知れない苦痛を受けた」と指摘。一方で、被告が「今後二度と運転しない」と反省し、一部で示談が成立していることなどから執行猶予とした。

 判決によると、1月30日午後4時5分ごろ、赤磐市多賀の県道を走行中、アクセルとブレーキを踏み間違え、センターラインを越えて軽トラックなどに衝突。横転した軽トラックが車道脇を歩いていた小学生の列に突っ込み、小学4年藤原友依さん=当時(9)=が死亡、児童と運転手ら計9人に重軽傷を負わせた。

「産経WEST」のランキング