産経WEST

プロ野球選手会、引退後の支援充実など中長期的ビジョン策定へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


プロ野球選手会、引退後の支援充実など中長期的ビジョン策定へ

 日本プロ野球選手会は13日、大阪市内で臨時大会を開き、中長期的な視点で球界の発展を目指す「日本プロ野球構造改革ビジョン2018」を策定することを決めた。12月の定期大会で発表する予定。

 選手会によると、ビジョンは(1)野球の普及、育成環境の整備(2)プロ野球の制度改革(3)引退後の支援の充実-の3本が柱になる。制度改革ではフリーエージェント(FA)の資格取得条件の緩和など引き続き保留制度の改革を目指す。

 選手会長を務める炭谷銀仁朗捕手(西武)は「アマチュアから米大リーグに直接行く選手も出ている。トータルで夢のあるプロ野球界になるようにしたい」と話した。

「産経WEST」のランキング