産経WEST

フェリー「こんぴら2」航行トラブルで調査官派遣 運輸安全委、高松港に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


フェリー「こんぴら2」航行トラブルで調査官派遣 運輸安全委、高松港に

 高松発神戸行きのフェリーが12日朝、航行不能となったトラブルで、運輸安全委員会は13日、エンジン系統の故障で運航できなくなったとして、船舶インシデントに当たると判断し、船舶事故調査官2人を高松港に派遣した。

 トラブルがあったのは「こんぴら2」(3633トン)。12日午前6時40分ごろ、高松港沖約1・2キロの海上で運航できなくなった。乗客46人は、運航会社が手配した船と高松海上保安部の巡視艇に乗り換えて高松港に戻り、けがはなかった。

 海保の調べによると、配電盤がショートしたため船内に電力を供給できなくなったという。

「産経WEST」のランキング