産経WEST

芥川賞候補「美しい顔」類似表現騒動、出版業界の甘さ露呈 被災地に一度も入らず執筆の新人のマナーは… 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


芥川賞候補「美しい顔」類似表現騒動、出版業界の甘さ露呈 被災地に一度も入らず執筆の新人のマナーは… 

 講談社によると、北条さんから参考文献の提示があったのは4月20日。北条さんが出産を間近に控えていたこともあり、詳細を確認できないまま「群像」を出版した。5月に改めて確認すると、「遺体-」と「3・11 慟哭(どうこく)の記録-」に類似表現があり、ほかに参考にした3点とともに、「群像」8月号(7月6日発売)で謝罪文と参考文献一覧を掲載した。

 北条さんも9日、講談社を通じてコメントを発表。参考文献一覧は、単行本化される際に載せればよいと思っていたとしたうえで、「私の過失であり甘えでした」「(参考文献の)著者・編者と取材対象者の方々へ不快な思いをさせてしまったことを心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

このニュースの写真

  • 芥川賞候補「美しい顔」類似表現騒動、出版業界の甘さ露呈 被災地に一度も入らず執筆の新人のマナーは… 
  • 芥川賞候補「美しい顔」類似表現騒動、出版業界の甘さ露呈 被災地に一度も入らず執筆の新人のマナーは… 

「産経WEST」のランキング