PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】藤井七段、タイトル挑戦に「壁」 棋王戦で強敵、菅井王位と対決へ

藤井聡太七段
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)が今年度、タイトル挑戦の可能性のある対局が、棋王戦のみとなっている。将棋の八大タイトル戦(棋聖(きせい)、竜王、名人、王位、王座、棋王(きおう)、王将、叡王(えいおう))のうち3つの棋戦で本戦に進出した藤井七段だが、竜王戦、王座戦の2棋戦で敗退した。残る棋王戦の相手は、昨年完敗を喫した菅井竜也王位(26)。最年少でのタイトル挑戦に向けた対局が続く藤井七段の前で、大きな「壁」となって立ちはだかっている。

 ■「西の王子」と大一番

 「負けたのは自分の力不足。収穫もあったので、それを力にして頑張りたい」

 7月6日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された王座戦挑戦者決定トーナメント(本戦)準決勝。藤井七段はあと2勝すれば中村太地王座(30)への挑戦権が得られる大一番だったが、関西の若手実力者、斎藤慎太郎七段(25)に阻まれた。

 奈良市出身の斎藤七段は端正なルックスから「西の王子」と呼ばれ、関西で最も人気を集める棋士の一人として知られる。昨年、第88期棋聖戦五番勝負で羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(47)に挑戦するなど活躍。王座戦本戦では昨年に続き今年もベスト4入りした。藤井七段が4連覇して話題となった「詰将棋解答選手権」を斎藤七段も平成23年、24年と2連覇しており、終盤の切れ味は定評がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ