産経WEST

【萌える日本史講座】南海トラフ?平城京を襲った巨大地震の「遺構」を発見 出たのは文化財研究所の下

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【萌える日本史講座】
南海トラフ?平城京を襲った巨大地震の「遺構」を発見 出たのは文化財研究所の下

奈良文化財研究所の敷地内で見つかった地震による噴砂跡=平成26年8月、奈良市 奈良文化財研究所の敷地内で見つかった地震による噴砂跡=平成26年8月、奈良市

     

 奈良文化財研究所は昭和27年、文化の研究は東京だけでは不十分として、文化財の宝庫・奈良市に国立の機関として設立された。当初は、奈良公園内の明治建築を代表する県商工館(国重要文化財)にあったが、55年に平城宮跡の西隣の県立奈良病院の建物を国が購入して移転。建物の老朽化に伴い、平成26年から新庁舎を建設し、今年6月に完成した。

このニュースの写真

  • 南海トラフ?平城京を襲った巨大地震の「遺構」を発見 出たのは文化財研究所の下
  • 南海トラフ?平城京を襲った巨大地震の「遺構」を発見 出たのは文化財研究所の下

「産経WEST」のランキング