産経WEST

京都で来月4日に食育シンポジウム 伝統食や食文化の継承考える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都で来月4日に食育シンポジウム 伝統食や食文化の継承考える

 郷土料理や地域の食文化の継承について考える「食育シンポジウム~伝統的な料理と食文化の継承~」(大阪ガス、京都府など主催)が8月4日午後1時から、京都市下京区の京都リサーチパークで開かれる。

 伝承料理研究家の奥村彪生(あやお)氏が「伝統食は時代によって変わるもの」と題して基調講演。この後、奥村氏と、和食文化学会会長の佐藤洋一郎府立大特任教授らが「食文化のバトンをつなごう」をテーマにパネルディスカッションを行う。

 会場はリサーチパーク西地区4号館地下バズホール。入場無料だが事前申し込みが必要(締め切り27日)。定員は250人。問い合わせはKRP-WEEK事務局食育シンポジウム係((電)075・315・8485)。

「産経WEST」のランキング