産経WEST

奈良・曽爾村の米焼酎「鎧」完成 8月4日から先行販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・曽爾村の米焼酎「鎧」完成 8月4日から先行販売

完成した米焼酎「鎧」 完成した米焼酎「鎧」

 奈良県曽爾(そに)村の農事組合法人「ゆめの里かずら」が仕込みを進めていた、村のブランド米を使った初の米焼酎「鎧(yoroi)」が完成した。手作りの優しさと米の甘みが感じられる焼酎は、8月4日から先行販売(300本限定)予定で、現在予約を受け付けている。

 同法人は村のブランド米「曽爾米」を使った特産品を作ろうと、平成28年8月に同村葛(かずら)地区の有志が設立した。今年2月にようやく酒造免許を取得。空き倉庫を改築した“日本一小さな焼酎蒸留所”で、3月から仕込みを始めていた。

 同法人の穐西(あきにし)善和理事長(68)によると、大がかりな設備はなく、温度管理は人の手で行うため、季節に応じて風味に幅が生じるという。だが、それもまた村の味。「お客さんの反応が楽しみ」(穐西さん)と話す。まだ試飲していないという同法人の藤田亨理事(65)は、「自分の子供以上に手をかけて育てた自信作」と期待。小西利晴理事(65)も「誰も酒造りの経験がなく大変だった。早く飲んでみたい」と話していた。

 「鎧」(720ミリリットル)はアルコール度数25度。パッケージには、その名の由来となった村のシンボル「鎧岳」を描いた。年間約6600本を製造する予定。

続きを読む

このニュースの写真

  • 奈良・曽爾村の米焼酎「鎧」完成 8月4日から先行販売

「産経WEST」のランキング