産経WEST

人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

 当日は路地に提灯が飾られ、祭り情緒にあふれる。実行委員長の辻武志さんは「横丁を訪れたことがない人も足を運んで、街の風情を楽しんでほしい」と話している。

 【伝統系】みこし、船渡御 まさに風物詩

 ミナミには歴史のある祭りも多い。高津宮(中央区)の夏祭は、文楽や歌舞伎の演目「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」にも登場する。7月18日の本宮では、昼過ぎから夕方にかけて2基のみこしが勇壮に宮入り。参道には夜店が並び、境内では太鼓演奏や空手の演舞などが奉納され、夜遅くまでにぎわう。

 難波八阪神社(浪速区)の夏祭の宵宮(7月13日)に行われる「道頓堀川船渡御」は、水の都ならではの祭り。あでやかな街の光が揺らめく川面を約20の船が行き交う。神社によると、大阪天満宮(北区)の天神祭と並んで盛大に行われていたと伝えられるが、江戸中期以降に中断。平成13年に復活し、ミナミの夏の風物詩として知られるようになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

「産経WEST」のランキング