産経WEST

人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

 文字だけでもひんやりしそうなのが7月20、21日に難波神社(中央区)で開かれる「氷室(ひむろ)祭」。冬の氷を貯蔵する氷室の制度を定めたという仁徳天皇に氷を供える神事で、製氷会社から奉納された氷柱が境内に置かれ、午後6時頃からは参拝者にかちわり氷が授与される。口にすると夏負けしないとされており、御利益にあずかろうと仕事帰りの人々でにぎわう。

 【グルメ系】食いだおれの街ならでは

 祭りといえば、楽しみの一つが「食」。宗右衛門(そえもん)町商店街振興組合が主催する7月22、23日の「宗右衛門町夏祭り」(中央区)は、道頓堀川に架かる相合橋に「野外ビアホール」が出現し、ネオンがきらめくミナミの夜景を“肴(さかな)”にビールを味わえる。特設ステージでは花街として発展してきた街ならではの日本舞踊などが披露される。

 8月10、11日に中央区の法善寺周辺で開かれる「法善寺横丁まつり」は、有名飲食店の味が気軽に楽しめる。石畳の路地に割烹(かっぽう)やバーが集積する“食の街”の店主らが感謝の思いを込めて昭和57年から続けている人気の祭りで、各店の前でオリジナルの屋台料理を販売する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

「産経WEST」のランキング