産経WEST

人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

 大阪・ミナミには夏祭りが数多い。地域に根差した伝統的な祭りもあれば、商店主らが新たに生み出した催しもある。都会でありながら、人と人とのつながりが濃いミナミならではの特徴だろう。街の真ん中を流れる道頓堀川沿いに提灯(ちょうちん)が並ぶ風景は美しい。暑い日にこそ街に繰り出し、祭りを通してミナミの夏を満喫してみては-。

 【ひんやり系】涼呼ぶ人工雪、かちわり

 暑い夏に涼を求める人たちにぴったりの祭りがある。

 子供が大喜びしそうなのが幅5メートル、長さ約20メートルもの雪のすべり台が登場する今宮戎神社(大阪市浪速区)の「こどもえびす」。ドーナツ化現象で都心の人口が減る中、地域の子供たちに楽しんでもらいたいと昭和52年に始まった祭りで、7月22、23日に開催。すべり台は計5トンの人工雪を降らせて作るといい、幼児向けに雪遊びができるゲレンデも設けられるほか、紙芝居や的当て、紙相撲など昔懐かしい遊びも充実。1月の「十日戎」で奉仕した福娘もスタッフとして参加する。禰宜(ねぎ)の松原栄一さんは「夏の楽しい思い出を作ってほしい」と話している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう
  • 人情再発見!「ミナミ」の夏祭り 暑さ吹き飛ばそう

「産経WEST」のランキング