産経WEST

大坂冬の陣「真田丸の戦い」徳川方の混乱生々しく、戦況伝える「報告書」発見

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大坂冬の陣「真田丸の戦い」徳川方の混乱生々しく、戦況伝える「報告書」発見

 大坂冬の陣で豊臣方の知将・真田信繁(さなだ・のぶしげ)(幸村(ゆきむら))の名声を響かせた真田丸の戦い(1614年)で、真田勢に撃退された徳川方「加賀百万石」の前田勢の戦況報告書が見つかったことが、分かった。前線に遣わされた指揮官が記したもので、血気にはやる上級武士を抑えられず混乱する状況が新たに判明。激戦の実態に迫る史料として注目され、調査した岡嶋大峰(ひろたか)・大阪城天守閣学芸員は「真田勢の知略が注目されてきたが、前田勢の組織運営に起因する敗因も浮き彫りとなった」と話す。(川西健士郎)

 報告書は、前田家重臣の山崎閑斎(かんさい)が率いる部隊の前線指揮官を担った西尾隼人(はやと)が記述。加賀藩の行政史料を主とする加越能(かえつのう)文庫に含まれる「大坂御陣(ごじん)の書(しょ)附(つけたり)大聖寺(だいしょうじ)御陣」(金沢市立玉川図書館近世史料館所蔵)に残っていた。

 真田丸の戦いは、信繁が大坂城の南側に築いた出丸(真田丸)をめぐるわずか1日の攻防戦。これまでに明らかになった史実によると、前田勢は真田丸の手前の丘陵地「篠山(ささやま)」に敵がいるとみて攻めるが姿はなく、真田丸に向け進軍すると、真田側の挑発を受け、さらに堀に乱入。彦根藩の井伊直孝や越前藩の松平忠直の軍勢も続いたが、銃弾、矢、落石を浴びせられ、侵入できないまま敗走した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大坂冬の陣「真田丸の戦い」徳川方の混乱生々しく、戦況伝える「報告書」発見
  • 大坂冬の陣「真田丸の戦い」徳川方の混乱生々しく、戦況伝える「報告書」発見

「産経WEST」のランキング