PR

産経WEST 産経WEST

暴力団幹部射殺懲役28年に 示談で減刑、名古屋高裁

Messenger

 名古屋市中区のマンションで平成28年7月、指定暴力団神戸山口組傘下組織の幹部を射殺したとして、殺人罪などに問われた指定暴力団山口組弘道会傘下組織の幹部ら男2人の控訴審で、名古屋高裁は11日、それぞれ懲役30年とした一審名古屋地裁の裁判員裁判判決を破棄、懲役28年の判決を言い渡した。

 2人は弘道会系組織幹部の片倉竜理被告(49)と元山口組系組員三井樹被告(46)で、それぞれ控訴審で「一審判決の量刑は重すぎる」と訴えていた。

 高橋徹裁判長は一審判決後に2人が殺害を認め遺族に謝罪し、示談が成立したことを考慮。「一審判決の評価は当時、不当ではなかったが、現時点では重い」と述べた。2人は一審では無罪を主張していた。

 一審判決によると、2人は共謀して28年7月15日、マンションの一室で拳銃を発砲し、神戸山口組傘下組織の斉木竜生幹部=当時(64)=を殺害した上、同市昭和区の駐車場で逃走に使った車両に放火した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ