産経WEST

宮島大鳥居、大規模修理へ 来年6月から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宮島大鳥居、大規模修理へ 来年6月から

広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社の大鳥居 広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社の大鳥居

 広島県廿日市市にある世界遺産・厳島神社は11日、海上に立つ大鳥居の大規模な修理を来年6月から始めると発表した。 大鳥居の根元が海水にさらされており、損傷が激しいためで工事が完了するまでに約1年2カ月かかる見込み。足場を組み、一部をシートで覆うため景観が変わり、観光への影響も懸念される。

 国の重要文化財に指定されている大鳥居の高さは約16メートルで、満潮時には海上に浮かぶように見えることから世界遺産の象徴となっている。檜皮ぶきの屋根を6本の柱で支える。平安時代に建てられたとされ、現在の大鳥居は明治8年に再建された8代目になる。

 工事は大鳥居の主柱や袖柱を朱色に塗り直すほか、柱には樹脂加工を施して腐食を防ぐ。他に修理が必要な部分があるかどうかも調査する。

 厳島神社は平成8年に世界遺産に登録されて以降、訪れる観光客が増加傾向にある。厳島神社がある宮島への来訪者数は昨年、年間456万人を超え、最多を記録した。

「産経WEST」のランキング