産経WEST

酒、たばこ…マナー違反から子供守れ 神戸・須磨海水浴場、初の「家族連れ向けエリア」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


酒、たばこ…マナー違反から子供守れ 神戸・須磨海水浴場、初の「家族連れ向けエリア」

須磨海水浴場に新設される「ファミリーエリア」の準備を進める関係者ら=神戸市須磨区 須磨海水浴場に新設される「ファミリーエリア」の準備を進める関係者ら=神戸市須磨区

 海水浴場でところ構わずたばこを吸ったり酒を飲んで暴れたりするなどのマナー違反に対する苦情が後を絶たない中、12日に海開きを迎える須磨海水浴場(神戸市須磨区)に、家族連れらが安心して楽しめる「ファミリーエリア」が新設される。飲酒・喫煙などを禁じ、警備員が入場時に手荷物検査する全国初の取り組み。神奈川県逗子市などは条例で飲酒や大音量の音楽などを禁じているが根絶に至っておらず、神戸市では一歩踏み込んだ対応をとる。(林信登)

 毎年70万人以上が訪れる須磨海水浴場では、平成22年に違法薬物が持ち込まれる事件が相次いで発覚。神戸市は翌23年、条例を改正して入れ墨の露出や大音量の音楽イベントなどを禁止した。また、泥酔者の搬送が相次いだため、昨年は海の家でテキーラをはじめとする高濃度のアルコールの提供も禁じた。

 それでも家族連れからは「騒がしい若者のせいで子供を連れて行きにくい」との苦情が多く、市は今年、約4500平方メートルの「ファミリーエリア」を新設することを決めた。砂浜の東西約140メートルを高さ1メートル超のフェンスで区切った上、入り口で警備員が酒類の持ち込みなどをチェック。入れ墨がある人には隠すための上着の着用などを求める。

 毎年家族で訪れているという須磨区の主婦、石野桂子さん(29)は「子供が小さく、うるさい人がいると怖がっていた。ファミリーエリアなら安心できる」と声を弾ませた。市の担当者は「ファミリーエリアの設置で、着実に安心安全に近づく」と強調する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング